ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2017-6-22

ご遺骨の管理

大事な家族の一員だからこそ亡くなってもそばに置いておきたいと思うのは当然ではないでしょう。
人間と一緒で当然ペット火葬できます。しかし、問題なのは火葬後ですよね。
ペットの為だけにお墓を立てるというのは費用もかかるし、維持費もかかる。
ずっと一緒にいたのだからせめて骨だけでも家に置いてあげたい、まだ離れたくない、そばに置いとかないと寂しい思いをさせるのではないかとか色々と気持ちの整理はなかなかつかないものですよね。
でも、骨っていつまでも置いておいて大丈夫なの?というかたがいらっしゃいます。
ずっと置いてあっても問題はないかと思います。もしかしたら多少の訪問客の目があるかもしれませんが、特に規定があるとかそういう事はありません。
ただ陶器の骨壺は注意が必要かもしれません。稀に大事なご遺骨にカビが生えていたなんてことがあります。
なぜそんな事が起こるかというと、陶器は湿気がたまりやすいといわれています。
もし粉骨しないというのであれば、湿気対策をしたほうがよいかもしれません。
・湿気が多いところに置かない。
・ご遺骨の近くに吸湿剤を置いておく。
これだけで少しかわると思います。
もし不安であれば骨壺の移動や粉骨をご検討されてみても良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る