ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2017-2-23

ペット葬儀は人間と近いものに

私達人間は、はるか昔からペットたちと暮らしてきたようです。それと同様に、ペット供養も古来から行われてきたと言われています。既に縄文時代では、ペットを供養していたと言われており、そうして現代でもペット供養が行われています。
時代の流れとともに、ペットの供養の方法も変化していきました。そしてペット供養は、徐々に人間の供養と近いものになってきたようです。

ペットの供養については、法律によって細かく定められているわけではありません。あくまでペットの遺体は一般廃棄物扱いになっていますので、火葬炉で遺体を火葬する事もあれば、お庭に埋めるということもあります。
しかし現代では、ペット霊園の存在も認知されるようになりました。ペット専用の霊園で、火葬などはもちろん、移動火葬車で迎えに行く事もあれば、納骨堂や個別の墓地を設けているペット霊園もあります。中には、四十九日の法要を行うなど、更に充実したサービスを行っているペット霊園もあります。

場合によっては、ペットの遺骨が人間の遺骨と同じ墓地に収められるということすらあるそうです。徐々に、人間とペットの供養の方法に境目がなくなってきたのかもしれません。それはつまり、それだけペットが人間にとって身近な存在になっている証明でもあります。
それだけに、ペット供養は納得のできるものにしたいところです。もしもペット供養が満足の行かないものに終わってしまいますと、取り返しのつかない悲しみに襲われるかもしれません。そのようなことにならないように、ペット供養の業者選びは慎重に行うようにしてください。

バックナンバー

このページのトップに戻る