ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-12-16

ペットを埋葬する際の注意点

大事にしていたペットが亡くなるということは、とても悲しい出来事の一つです。しかし悲しんでいるばかりではなく、亡くなったペットの遺体はきちんと供養してあげなければいけません。現在はペット火葬が一般的となっていますが、人によってはペットを埋葬する事を望まれるかもしれません。しかし、ペットを埋葬する際には注意点があります。ペット供養でトラブルを起こしていては、気持ちよくペットを送り出す事も難しくなります。なるべくトラブルを起こさないようにしましょう。<br> ペットの飼い主の方にはショックかも知れませんが、亡くなったペットはゴミとして扱われるのが原状です。実際に、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の第二条には「この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。」と明記されています。そのため、自治体によってはペットの遺体を火葬してもらえることもありますが、その際は他のゴミと同様に処分されるケースが多いのです。中には専用の火葬炉を設けている自治体もありますが、多くはありません。<br> このように、法律によってペットの遺体は廃棄物と指定されています。そのため、勝手に公共の場などにペットの遺体を埋葬しますと、それは廃棄物の違法廃棄として罰を受けることになってしまいます。ご家庭のお庭に埋葬する事は法律的には問題ありませんが、周囲への腐敗臭の拡散を防ぐために、深く穴を掘って埋葬する必要があります。小動物ならそれも可能ですが、大型犬などになりますと、あまり現実的な選択とは言えません。<br> このような理由から、現在は業者に火葬してもらい、共同墓地や霊園などで供養される事が多いです。しかし、ご依頼いただければ火葬をしてもらった後、遺骨を引き取って埋葬するということは可能です。ペット葬儀業者のサービスも充実してきていますので、無理に埋葬するような事は避けるべきでしょう。
大事にしていたペットが亡くなるということは、とても悲しい出来事の一つです。しかし悲しんでいるばかりではなく、亡くなったペットの遺体はきちんと供養してあげなければいけません。現在はペット火葬が一般的となっていますが、人によってはペットを埋葬する事を望まれるかもしれません。しかし、ペットを埋葬する際には注意点があります。ペット供養でトラブルを起こしていては、気持ちよくペットを送り出す事も難しくなります。なるべくトラブルを起こさないようにしましょう。 ペットの飼い主の方にはショックかも知れませんが、亡くなったペットはゴミとして扱われるのが原状です。実際に、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の第二条には「この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。」と明記されています。そのため、自治体によってはペットの遺体を火葬してもらえることもありますが、その際は他のゴミと同様に処分されるケースが多いのです。中には専用の火葬炉を設けている自治体もありますが、多くはありません。 このように、法律によってペットの遺体は廃棄物と指定されています。そのため、勝手に公共の場などにペットの遺体を埋葬しますと、それは廃棄物の違法廃棄として罰を受けることになってしまいます。ご家庭のお庭に埋葬する事は法律的には問題ありませんが、周囲への腐敗臭の拡散を防ぐために、深く穴を掘って埋葬する必要があります。小動物ならそれも可能ですが、大型犬などになりますと、あまり現実的な選択とは言えません。 このような理由から、現在は業者に火葬してもらい、共同墓地や霊園などで供養される事が多いです。しかし、ご依頼いただければ火葬をしてもらった後、遺骨を引き取って埋葬するということは可能です。ペット葬儀業者のサービスも充実してきていますので、無理に埋葬するような事は避けるべきでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る