ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-11-8

必ずお墓が必要でしょうか?という方へ

ペットがなくなった後、その亡骸を火葬して、お骨を拾ってあげた後には、一体どうするかご存知でしょうか? 最近は、ペット用の霊園も多く、そこで収めるという方法もあります。 ただ、その霊園へのアクセスの事を、しっかりと考えてみましょう。もし万が一、車で1時間、2時間となったらどうでしょうか。特にご高齢の方にとっては、遠い場所にあるペット霊園に行くというのは、大きな負担と言えるでしょう。それに、ペットを出来る限り近くで弔いたいと思う方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。 ペットの供養方法としては、しっかりとしたお墓を作らず、骨壷をそのままご自宅においておくという方法もあるようです。また、骨壷をそのまま置くには他のご家族や来客時に困るという場合、骨壷を収納できるタイプの小さなモニュメントのようなものが販売されているので、それらをご活用頂くのも一つの方法です。 何れにせよ、一緒に暮らしてきたペットだからこそ、皆さんのお心に沿った方法で供養なさるのが一番後悔が少ないものです。 方法等でお困りのことがありましたら、ペット葬儀を担当する業者に対して、ご相談なさるのが良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る