ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-9-20

もしもペット葬儀をしないと

子供の頃に飼っていたカブトムシなどの小さなペットは庭や近所の公園などに埋めてあげることが多かったのではないでしょうか。しかし、これを犬や猫でやることはできません。もし大切な愛犬や愛猫が亡くなってしまった時にはちゃんとペット葬儀で見送ってあげましょう。もしもペット葬儀をしないといった場合にはどういったことになるのかを今回はご紹介いたします。まず先ほどお伝えした公園に埋めるということは法律違反になりますのでできません。公園や他人の敷地内に埋めてしまうと軽犯罪法違反になってしまうのです。法律にも「鳥獣の死体その他の汚物または廃物を棄てた者」ということで処罰すると書かれています。土地だけでなく、海や川に流すこともできません。庭に埋める場合も腐敗臭などの対策が必要になりますのでかなり深い穴が必要です。そういった穴が掘れない場合はやはりペット葬儀をしてあげた方が良いでしょう。自分でやろうとすると法律違反や大変な作業になります。また自治体にまかせてしまうと燃えるゴミとして処分されてしまうので、大切なペットの最期をより良いものにするのであればペット葬儀を依頼した方がどの対応よりも良いのです。ぜひペット葬儀を行い、ちゃんとペットを見送ってあげましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る