ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-6-7

埋葬の問題点

一昔前の時代であれば、亡くなったペットの遺体を近くの公園や空き地公園の土中に埋葬するといったこともよく見られました。亡くなったペットを最後は土に返してあげたいと思う気持ちは確かに尊いものですが。昨今ではそうした埋葬には様々な問題があることが分かってきており、ペットの最期を見届ける方法としてはあまり好ましくないとされています。大きな問題としては衛生面があります。ペットに限らず生き物の亡骸は自然の環境では分解されていきますが、その際には細菌やハエなどの害虫、そして異臭の発生を伴います。ペットが飼い主と家族の手で埋葬された時には土を深く掘ることが難しいこともあるので、そうした遺体の変化が周辺には環境の悪化として影響してしまうことがあるのです。また、近年では野生の野良犬などは各地でもあまり見られなくなっていますが、それでもカラスやイタチなど、その他の野生動物がペットの遺体を掘り返してしまうこともあり、その際には衛生問題の他、害獣の繁殖も問題となり、何より供養として悔いの残る結果となってしまいます。そして、こうしたペットの埋葬に関する問題があった時、法令上では廃棄物の処理に関する軽犯罪として飼い主が罰せられることがあります。ペットの最期に責任を持ってきちんと見届ける時ためにも、お別れにはペット葬儀の業者を利用して十分な供養とともにペット火葬を行ってあげるようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る