ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-5-25

ありがとうの意味を込めて

早朝や夕方など、愛犬を散歩させている光景が当たり前となっているほど、ペットを飼う方は多くなっています。最近では猫の人気も高まっているため、自宅で猫と過ごされている方も多いことでしょう。ペットを飼われる方は、全てのお世話を惜しみなく行える方がほとんどです。生後何ヵ月という幼少時にペットを購入したご家庭では、お子様と一緒に成長期を共に過ごした経験もあるのではないでしょうか。長い時間を共に過ごしてきた中で、ペットに対する愛情も家族同然となっていくことが、どのご家庭でも見受けられます。そうしたペットの最期を看取る際には、とてもつらい気持ちになってしまいますよね。大切な家族となったペットを天国へ送り出すためにも、近年ペット葬儀が求められています。各市町村では、ペットの火葬を行ってくれる施設が存在していますが、合同火葬となる場合が多く、遺骨の返却もありません。ペットロスという言葉が広く定着し始めているほど、ペットを亡くした飼い主はひどく落ち込んでしまいます。その状態でペット葬儀を行うべきかどうかを判断するのは難しいため、事前にどちらの方法が適切なのかを選んでおくといいでしょう。ペットは必ず、いつかは亡くなってしまいます。今までの感謝を込めて、飼い主が選ぶ最適な方法で送り出してあげましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る