ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2016-5-5

愛するペットを見送るために

一緒に暮らしていた愛するペットが亡くなることは、非常に悲しいことです。たくさんの思い出を作っていった家族同然であるペット、そんな大切なペットのために最後を綺麗に飾ってあげましょう。まずペットが亡くなったら日差しの当たらない涼しい場所を選んで安置しなければなりません。箱に入れる、またはタオルなどを敷いてあげてください。その次は濡らした布などでペットの体を清めてあげましょう。暑い季節は氷などでなるべく体を冷やしてあげなければなりません。その次は愛用品など一緒に燃やしてあげるものを準備し、葬儀の準備をしておきましょう。鼻などを手向け、小さな祭壇を作ってお別れの時を待つといいです。ペットと一緒に火葬出来るものはお花や好きだった食べ物、小さな愛用品です。(金物やプラスチック類などは火葬できないのでご注意ください。)お近くの火葬を行う業者に連絡をし、業者が決定したら火葬してあげましょう。火葬したペットの遺骨を自宅で供養する場合や葬儀場、霊園など納骨堂で供養する方法があります。中には供養塔や慰霊碑など永代供養をしてくれるところもありますのでご安心ください。供養期間は飼い主のお気持ちの整理の問題ですので、いつまでといったはっきりした区切りがありません。一般的に霊園や納骨堂では仏教にのっとった初七日、四十九日、命日など法要するケースが多いです。ペットは私たちと今まで一緒に生きてきた大事な家族です。もしそんなペットがいきなりなくなってしまったら、ペット葬儀を依頼し最期を綺麗に飾ってあげるように火葬してあげましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る