ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2015-10-5

気持ちの整理にもつながります

動物は、人間と違って「痛い」や「苦しい」というような感情を表す事が出来ません。その為、ペットが亡くなった時には「もっと早く気付けたのではないか?」や「どうして気付くことが出来なかったんだろう」という自責の念にとらわれてしまう方も少なくはありません。 なので、ペットが亡くなった時には気持ちに整理を付ける作業が必要になります。そこで、今回はペットとのお別れの仕方について考えてみましょう。 ペットの埋葬方法には、大きく分けると「自分で埋葬をする」と「他の方に埋葬を依頼する」の2種類に分けることができます。自分で埋葬をする場合、お庭などの敷地内に埋めるという方法が一般的です。自分の敷地を持っていない方が、ペットが生前に好きだった公園に埋めるなどの行為は、違法になる可能性もあるので、控えましょう。 他の方に埋葬を依頼する場合、自治体に依頼するか、民間の業者に依頼する方法が一般的です。自治体に埋葬をお願いした場合、遺骨の返却が出来ない場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。民間の業者に依頼をする場合、飼い主の希望に沿って埋葬する事が出来るようにプランが用意されているので、埋葬方法にも選択肢が出てきます。 ペットの埋葬は、自分の気持ちに整理に繋がる事なので、出来るだけ自分の希望に合わせて行なうことも大切です。なので、ペットの埋葬を考えている時には、ペット葬儀業者の利用を考えてみませんか?

バックナンバー

このページのトップに戻る