ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2015-8-6

ペットの最期を考える

昔から人は動物を飼ってきた歴史があります。昔実家で犬や猫や小鳥などを飼っていた、今も飼っているという方も多いことでしょう。最近では少子化が進んできたり、未婚者数も増加傾向にあるということで、子供や家族と一緒にいるのと同様な気持ちで、ペットを家庭で飼う人が益々増えていると言います。でもそんなペットがもし亡くなったら・・・恐らく精神的な落ち込みも大きく、途方に暮れる人もいることでしょう。家族同様ということであれば尚更です。そんな人にご紹介したいのが、当サイト『ペット葬儀なび』です。人間の葬儀と同じようにペットにも葬儀をして最後を見送ってあげようというサービスになります。葬儀の流れとしては、まずは飼い主であるあなたのご要望などをお聞きして、相応しい葬儀の内容を決定します。そしてもお見積り。内容にご納得出来たら葬儀日の決定、ペットを丁重に運び火葬、そして納骨・・・正に人間の葬儀と同じです。お骨を手元において置きたいという人には「個人火葬」でお骨を持って帰ることが出来ますし、お骨の置き場所やお墓がないという人には「合同火葬」で共通のお墓に納骨することも出来ます。ペットは人間に比べ短命で、先に逝ってしまいやすいものです。ペットの最期はどうしてあげようか、今から考えておくのも大切かもしれません。

バックナンバー

このページのトップに戻る