ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2015-7-6

お迎えが来たらすること

中には何度もペットとのお別れを体験している人もいらっしゃいますが、初めてペットとお別れをすることになってしまったら、 どうしていいか分からないという方も多く、ペットの葬儀を行う前に、どうすれば良いか?といったご相談も多く寄せられています。 まずご理解頂きたいのは、ペットが亡くなってもすぐに火葬を行うことは出来ないということです。 これは人間と同じです。実は亡くなったと思っていても、実は仮死状態だったり、低体温状態だったというだけという場合があります。 中には医学的には死亡というわけではないという可能性もあるからです。 まずは綺麗な大きめの箱の床にタオルなどを敷いて、ペットを優しく体を折りたたんで入れます。 タオルを敷く理由は、亡くなってすぐは生理現象で目や口などから体液を漏らしてしまうからです。 次に、保冷剤やドライアイスなど、遺体が傷まないように冷却してください。 特に頭部や腹部から遺体の腐敗が進んでしまうために、家の中でも暖房の効いたところや、日の当たる場所は絶対に避けましょう。 火葬の際に、ペットが大好きだったものを箱の中に入れておきたいという方もいらっしゃいますが、 火葬場の中には一緒に焼却することが出来ないものもありますので、事前に確認をとりましょう。 また、ご自分で火葬場まで行かれる方は、動揺されている時の運転は特に危険です。 お気持ちを落ち着かせ、ゆっくりご家族とお別れをしてからお越しくださいませ。

バックナンバー

このページのトップに戻る