ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2014-12-24

土葬は控えた方が良いです

大切に飼われていたペットは家族同然だ、とおっしゃられる方も最近は多いようです。ハムスターなどの小動物なら3年、インコや犬、猫といった動物だと長いもので10年以上一緒に暮らすのですからそういった気持ちが芽生えるのはむしろ当然のことだと思います。人間よりも寿命が短いペットはいずれにせよ、いつかは別れの日が訪れます。もしご自分のペットが亡くなった時にはその遺体の処理に困られる事と思います。ペットの遺体をお庭に埋めるといった場合もあるかもしれませんが、ハムスターやモルモット、文鳥やその他小さなペットを除けばあまりお庭に埋められることはお勧めできません。遺体を埋める際は深い穴を掘って埋めなければ、雨などで被せた土が取り除かれて遺体が露出する場合もありますし、臭いなども問題になる場合があります。また、地下水を利用して生活している地域では地下水の汚染も考えられますので、そういった事を防ぐためにも、ペットの遺体は定められた方法で供養される事をお勧めします。市町村のペットの火葬では合同火葬となり、遺骨に関しても一般廃棄物として処分されてしまうので、供養を自宅やお寺などで行いたいという場合は、ペット葬儀業者に依頼されるのがお勧めです。

バックナンバー

このページのトップに戻る