ペット火葬・ペット供養・ペット葬儀のことならペット葬儀なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0800-805-7877

コラム

スタッフ待機中

24時間365日ペット葬儀の電話相談受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7877

ご要望に合う業者をご紹介 今すぐ無料相談する

2014-2-25

ペットの火葬の仕方

火葬にするペットはどのくらいいるのであろうか。本来は埋葬する事が多いと思っていたが近年はそうではないらしい。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律で、ペットの遺体は一般廃棄物の扱いをうける。なので、河川や公園、他人の土地などに埋めた場合は不法投棄となって罰せられるため、近年は火葬にするペットが多数をしめる。もちろん、海に投棄することも法律上禁止で、罰せられるそうだ。以上のことから、私有地であれば埋葬でも可能であるらしい。
火葬するペットは動物により料金も違うようである。では野良猫や野良犬の場合はどうか。これは各自治体によってもさまざまなようある。指定した場所へ持ち込む場合は無料のところもあるらしい。
東京都23区は生ごみとしての扱いのようですし、横浜市においては、動物専用の火葬場があり遺骨を持ち帰らせてくれるそうだ。火葬するペットの費用は、2~3kgで2万円程度で、火葬するペットを取り扱う一般の業者よりも高くなることもある。何よりも現代は物を捨てることによりお金のかかる時代である。
ペットを飼う際には、楽しいことばかりを考えるだけでなく、同じ生きているものとして死後のことも考えて飼うべきであると考える。

バックナンバー

このページのトップに戻る